出産祝いのマナー

出産祝いのマナー

「出産おめでとう!」の気持ち、そして「お疲れ様!」の気持ちをこめて贈る出産祝いのギフト。
贈る方も贈られる方も、心から喜び、そして喜ばれたいものですよね。
それでも、ケースに応じて必ず「マナー」があります。マナーを知らなくては、相手に不快な思いをさせてしまうこともあり得ます。喜んでもらおうと、一生懸命考えてギフトを贈ったり、お祝い会を開いたとしても、マナーを1つ間違えただけで台無しになってしまいます。

border

出産祝いのギフトとマナー

ほんの小さな心配りが出産後のママにとって、一生忘れられない思い出になります。
出産祝いの基本は、まず出産を終えたばかりの産婦への“休養をプレゼントする”という 「思いやり」です。
出産したと聞いて、すぐに大勢で病院にかけつけるといった、相手の都合を考えない行動を控えるのは当然のマナーです。出産後のママは、これから体力をつけて赤ちゃんのために、まだまだ頑張らなくてはならないのです。

ポイント

・駆けつけるのは、ママと赤ちゃんが落ち着いてから
・出産の報告を受けたら、まずは電話やメール、FAXなどでお祝いの言葉を贈る

border

お祝いに駆けつけるのはいつ頃?

体調が整い始めるのは、お七夜を過ぎた辺りから生後1ヶ月くらいまでの間。
お祝いに適しているのは、この時期でしょう。ただし、この頃はまだ赤ちゃんに手がかかる時でもあり、赤ちゃんの抵抗力もまだ低いので、風邪をひいている方は訪問を控えた方が良いでしょう。特に感染症などに掛かりやすい小さな子どもを一緒に連れて行くのは避けたいところです。

ポイント

・風邪をひいていたら訪問を避ける
・母子の体調を確認してから訪問
・滞在時間は短めに
・半年以内なら出産祝いとしてギフトを贈ってもOK
・1年以上経っていたら、「お誕生祝い」としてギフトを
・出産祝いの紅白熨斗は「御出産祝い」
・現金を贈りたい場合には、表書きに「料」をつける(おもちゃ料、お洋服料など)
 
出産祝いといえば、赤ちゃんが対象のギフトがほとんどですが、ママへの労をねぎらって ママが喜ぶものを贈るのも気が利いていて良いですね。
最後に、万が一死産などの不幸があった場合、大変失礼になるので絶対出産前にお祝いを渡してはいけません。

ベビーギフト♪シャフツインターナショナル♪のオンラインギフトショップはこちらから

to top
bottom